IKKYO | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2018年 5月 23日 IKKYO

こんにちは! 担任助手の藤間です!

今日は僕が通っている、一橋大学について紹介したいと思います!

 

学校の雰囲気について

自分がこの1ヶ月通って感じたことは、一橋はとてものどかで落ち着いてる所だなということです。

真面目で優しい人が多いです。

あと、やっぱりみんな頭がいいなって思います。

みんないろんな価値観を持っていて、話してて、いろいろなことに気づかされます。

 

↑これ、一橋大学のとある日の水たまりの写真です!なんと美しいことでしょう!

 

大学での学びについて

学部間の垣根が低い
一橋では、卒業に、自分が通う学部以外の2つ以上の学部の授業を取ることが必要です。

つまり、経済学部の生徒は、法、社会、商の中から2つ以上の学部の授業をとらなければいけません。

また、各学部ごとの必修がそれほど多くないため、

 自分がやりたい勉強がかなり自由にできます!

経済学部に入ったからって、経済の勉強ばかりではなく、法律や社会科学についても学ぶことができます!

② 少人数教育

一橋の教育のもっとも大きな特長は、少人数ゼミナールです。

ゼミは一橋が日本で最初に採用したものであり、

各学部必修であること、

7〜8人の超少人数で行われていること

が特長です!

まだまだいろいろ紹介したいのですが、結構長くなってしまうので、一橋についてさらに知りたい人は、

6/9,10に一橋で行われる、フレッシュな1年生主体のKODA祭に参加してみてはどうでしょうか?

実際に、足を運んでみないとわからないことは多くあるので、おススメですよ!

ちなみに僕は17クラスで焼き鳥売ってます。(宣伝ごめんなさい)

次回のブログは堺担任助手です!

 

楽しみですね!


 

最新記事一覧

過去の記事