【おすすめの復習法】北山早希 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2020年 6月 4日 【おすすめの復習法】北山早希

みなさんこんにちは!

担任助手2年の北山です!

最近低学年で志作文コンクールという

ものがあり、提出してくれた全員の

作文を読ませていただいています!

みんなそれぞれ素敵な夢・志を持って

いるなぁと感じました^ ^

自分の思っていることをアウトプット

することで改めて深く考えることが

できるので、モチベーションを

高めたい時などにやってみても良いの

ではないでしょうか??

 

さて!話は少し脱線しましたが、今回のテーマは

【おすすめの復習法】

ということでお話ししていきます!

 

私からは、やりがちなNG方法を少し

ご紹介しようと思います。

 

①ノートまとめに時間かけすぎ問題

これをやりがちな人、実は結構いるの

ではないでしょうか?ノートをまとめる

ことを悪いと言っているわけではなく、

自分の苦手範囲をわかりやすいよう

まとめたり、ポイント整理したノートを

一冊作ることは良いと思います。

しかし、ただダラダラと教科書に

書いてあるようなことを書き写したり

問題文の書き写しに時間をかけても

意味がありません。ノートをまとめて

いると勉強している気にはなれますが、

本当に有益な勉強ができているのかを

客観的に捉えられるようにしましょう。

 

②答え丸暗記法

主に低学年がやりがちなやり方だと

思うのですが、復習する時に答えを

丸暗記しても意味がありません。

同じ問題が丸々出ることはほとんど

ないからです。復習をするときには

答えに至るまでのプロセス

を確認するようにしましょう。次に

同じような問題が出たとき、もしくは

同じ系統の応用問題が出たときにも

対応できる頭を作るのが大切です。

 

以上、復習法を確立していない人が

やりがちな方法でした。

もしも当てはまっている人がいたら

復習法を見直してみましょう!

 

明日のブログは

篠原担任助手です!