【モチベを上げる/保つ方法】河野陽日 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2020年 5月 21日 【モチベを上げる/保つ方法】河野陽日

こんにちは。

担任助手4年の河野です。

最近暑くなってきましたね。

衣替えするために

服を買いに行きたいのですが、

どこの店もあまりやっておらず

悲しいです。

さて、今日のブログですが、

相も変わらずモチベーションに

ついてです。

僕からは今までと違う

切り口でお話ししたいと思います。

 

モチベーションとは

まずモチベーションとは

なんなのか。

Google先生によると、

”人が何かをする際の動機づけや目的意識”

だそうです。

受験におけるモチベーション

では勉強の動機付けや目的意識とは

何にあたるのでしょうか。

これはみんなが各々で抱く

”志”になりますね。

まずはここがないと

「自分が今なぜ勉強しているのか」

「この勉強が何に役立つのか」

と言った疑問が

勉強をやってもやっても

頭の中を駆け巡ります。

なのでみなさん、

志を持ちましょう。

大学になぜ行くのか

また、やりたいこと、

勉強したいことも

考えられないのに、

大学へ行きたいと思うのは

どこか筋違いにもなります。

大学は教育機関でなく

研究機関です。

学びたいと思ったことを

好きなだけ学ぶ場です。

確かに大学へ行く人全員が

同じように志があるのかと

言われればそうではないです。

むしろそう言った人の方が少ない

かもしれません。

ですが、このブログを

読んでくれている

みなさんには、

是非とも素敵な大学生活を

送って欲しいので、

モチベーション維持のためにも

”志”を抱きながら

勉強して欲しいと

思います。

 

ここまでで”志”が

モチベーションに

直結していることは

わかりました。

そしたらモチベーションを

上げる・保つためにも

”志”を見つけなければ

ならないですね。

 

志とは

では、ここでも志とはなんなのか

Google先生に聞いてみました。

すると、

”こころざすこと、こうしようと心に決めたこと”

というシンプルな答えと、

”厚意、親切”

という2つの答えがありました。

2つ目の意味がとても重要です。

志=社会的貢献

将来みなさんは社会に出て働きます。

それはもちろん僕もそうです。

また、学生である時間よりも

社会人である時間の方が

圧倒的に長いです。

”志”は社会に出てからが

本番になるわけですね。

つまり、

志=社会への”厚意、親切”=社会的貢献

となるわけです。

社会的貢献について

この社会的貢献は

大きいものから

小さいものまで

様々だと思いますが、

その全てが社会的課題

の解決になります。

そこでです。

志を見つけるために

今、この日本、もしくは

世界で起こっている

社会的課題を

調べてみては

どうでしょうか?

その中で、

自分が最も興味を持った分野を

見つけ出しましょう。

興味のある分野が

見つかれば、

いきたい大学も

自ずと決まります。

また、

大学に合格後は、

学士のみで満足せず、

修士、博士まで学び、

その専門性を用いて、

志である

社会的課題の解決のために

活躍して欲しいと思います。

そんなステキな人が

このブログをきっかけに

誕生したのであれば

僕はもう死んでもいいです。

(ごめんなさいそれは嘘です)

 

まとめ

とにもかくにも、

こうして志が見つかれば、

モチベーション維持は

勝手に行えますよね。

そしてこのやり方が

僕的には

最も良いのではないかと

思っています。

 

モチベ維持したい

志見つけなきゃ

解決したい社会課題

大学ここ行きたい

大学院まで行っちゃおう

課題解決の立役者

 

ものすごく大雑把に書けば

こういうことですね。

社会はきっとみなさんのような

素晴らしい人財を待っています。

さあ、行動しましょう。

 

明日のブログは

桑原担任助手です。