【共通テスト同日/本番を終えて】竹内祐人 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2021年 1月 30日 【共通テスト同日/本番を終えて】竹内祐人

みなさんこんにちは、担任助手1年の竹内です!

昨日カバンの中を整理していたら250円出てきました。

身の回りを整理するとこんないいこともあるものですね笑

まず同日受験を終えた低学年の皆さんへ少しだけ。

同日受験はその結果以上に、

受けた後にどう行動するかが重要です。

上手く行ったとしても、行かなかったとしても、

学年が上がる分気を引き締めて勉強の

量・質ともに改善していく必要があります。

頑張っていきましょう!

 

さて、ぼくはこの1年弱の間、

受験生をメインに担当していたので、

ここからは

【共通テスト本番を終えて】

というテーマで書いていこうと思います。

まず、

共通テストが終わって気が抜けかけて

いる・いた生徒

に向けて言いたいのは、

共通テストと2次試験では難易度もかかる緊張も

全く異なるということです。

私大なら共通テストの結果はほとんど関係ないですし、

(もちろん共通テスト利用は除きますが)

国立なら2次試験で十分挽回可能な配点であることが多いです。

(足切りなどは除きますが)

どんなに共通テストで上手くやれても、

2次試験で失敗したら努力が水の泡になってしまいます。

その分、試験本番にかかる重圧は、

志望順位の高い大学になる程、大きいものです。

共通テストは受験の通過点にすぎません。

確かにうまくいかなかったことを引きずる子もいるかと思いますが、

(自分自身も割とそうだったので、、、)

終わったことはもう変えられないので、

気を引き締めて次に向かって頑張ってください。

個人的な意見ではありますが、

共通テスト~2次試験の約1か月間に

何をやるか、どんな意識で勉強できるか、

これこそが合否に最も直結することだと思います。

 

第一志望校の過去問(10年よりもっと遡ってみる、2週目)、

併願校の過去問、

共通テストを通して理解の甘さを痛感したところの復習、

などなど、パッと思いつくだけでもこんなにたくさんあります。

2次試験本番が近づいてきて緊張・不安もあるでしょうが、

とにかく今自分にできることに向き合って、

実行できた人が合格を勝ち取るのだと思います!

決して簡単なことではないですが、

ここまで約1年間受験生として頑張ってこれたあなたなら

きっとできるはずです、

もう少しの間、頑張ってみてください!

それがあなたの2か月後くらいの運命を変えますよ。

以上です!!!

 

明日のブログは

河野担任助手です!