【自分が受験生の今の時期に戻れたらやる勉強】中尾司 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2020年 6月 30日 【自分が受験生の今の時期に戻れたらやる勉強】中尾司

こんにちは!

船堀校担任助手3年の中尾です!

皆さん、船堀校の公式インスタグラムはご存知でしょうか?

そこでは皆さんの受験で役立つ情報を発信しています!

「受験生にSNSをすすめるなんて、どうかしてる」

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、SNSという簡単にどんな情報でも受信できるものがあるにもかかわらず

それを利用しないのは、損と僕は考えてます。

もちろん情報というのは有益な情報です。

”情報の受信力”という力も

これから僕と同じように社会に出ようとしてる人には必要な力です。

是非、toshin_funaboriで検索してみてみてください!

 

今回のテーマは、

「自分が今受験生に戻れたらやること」です。

ここまでたくさんの担任助手がこのテーマについて書いてきましたが、

基礎固めが重要と書いている人が多くいましたね。

僕も、もちろん今やることは基礎固めで間違いないと思います。

では、なぜ基礎固めが大切なのか

それについては皆さん理解していますか?

受験生は最終的に第一志望の2次・私大の試験が解ける様になる必要があります。

東進生は早慶上理模試・全国有名国公私大模試をイメージして下さい。

この前あった記述模試です。

あのレベルが、2021年2月ごろにできる様になりたいわけです。

となったら、今からあのレベルの演習をすればいいか

そうではありません。

あのレベルを解けるようになるためには

順を追って勉強を進める必要があります。

今あのレベルをやったところで

問題文の意味もわからず、

撃沈する人が大半だと思います。

だからこそ今は、2次・私大レベルより難易度が低い共通テストレベルをできるように勉強をすすめ

共通テストレベルが、ある程度できるようになったら

次のレベルにすすんでいくわけです。

その共通テストレベルの勉強が、

いわゆる「基礎固め」にあたります。

とにかく今は焦らず、

ハイレベルな勉強には挑まず、

今の自分にあったレベルの勉強をすすめましょう。

 

また、受験勉強を進めるうえで

どんな科目でも

すぐにできるようになるなんて思わないでください。

英語でいえば、たくさん単語覚えていると思います。

東進生は1800単語をまず覚えますね。

皆さん、0歳~15歳くらいまで英単語を1800語を短期間で暗記した経験はありますか?

おそらく、そんな経験ない人がほとんどだと思います。

僕も大学受験のときに

初めての経験でした。

大学受験というのはおそらく皆さんがここまでの人生で初体験のことが

ほとんどだと思います。

初めてやることが一発でできるなんて思わないでください。

甘い考えは捨てて

できるまで何度も繰り返して

とにかくできるようにしてください。

でないと第一志望合格なんて厳しいです。

諦めず努力を積み重ねていきましょう!

明日のブログは飯島担任助手!

なんと明日からは新テーマです。

お楽しみに!