校舎からのお知らせ | 東進ハイスクール船堀校|東京都

校舎からのお知らせ 

2017年 10月 15日 東進ハイスクール船堀校への行き方

1.都営新宿線 船堀駅の北口から出ます

2.交差点まで進みます

3.東進の看板が見えるビルの、向かって右側へ回り込みます

 

4.ビルの入り口のガラス扉を引いて入ります

 

5.エレベーター or 階段で3階へ向かいます

 

6.出てすぐUターンすると校舎入口です


 

皆様のご来校お待ちしております!

 

東進ハイスクール 船堀校

0120-104-201

 

 

2017年 9月 27日 9/25公開授業

9月25日に英語の講師である渡辺勝彦先生の公開授業が実施されました。

26名の高校生に参加していただき、

みなさん非常にまじめな態度で講義に参加していました。

 

 

先生が英語の勉強でモットーとしていることは

高2の3月31日までに英語完成と80-20の法則です。

80-20の法則は入試に出てくる文法問題の80%は

実は膨大な文法表現のうちのわずか20%であるという法則です。

つまり、分厚い文法書をやるのではなく的を絞ってやった方が効率がいいということですね!

 

授業の内容は主に新課程の文法問題、長文速読法についての講義で

文法問題の特に語法の問題を扱ってくれました。

高校生は文法は覚えるだけでは実際の入試問題に対応できないことを肌で体感していました。

例えばhopeという単語は後ろにThat説か前置詞forが来るというルールがあり

目的語を取ることができないという語法があります。

一単語だけでこれほどのルールがあり覚えるだけでは対応できないので

演習であるアウトプットを繰り返して定着すべきだと教えていただきました。

長文は1分間に150単語読むための速読法についての講義でした。

英語をうまく日本語訳すると後ろから後ろから訳していくときれいになりますが、

それは読解においては不要です。

総計4000語のセンター試験を80分で解ききるためには前から読まねばならないと教えていただきました。

また、長文にはルールがあるということも教わりました。

例えば1つのパラグラフ(段落)で言いたいことは1つでそれは最初の文章に書く。というルールがあります。

つまり、全部読まなくても各パラグラフの1文1文を読んで、つなげば

文章の大意はつかめるということですね。

これはセンター試験の大問3のBと大問6に活かせるスキルです。

ぜひ実践してみてください!

 

まだまだこれは内容の一部なので詳しく聞きたい方は東進のスタッフまで!!

2017年 8月 31日 9月校舎開館スケジュール

2017年 8月 26日 講師紹介・渡辺先生編


~渡辺勝彦先生~

基礎から難関大英語までどのレベルでも抜群の指導力。「受験を楽しむ」極意を伝授し、ごく平均的な高校生を難関大に多数合格させた実績はまさに圧巻。「スーパー速読法」を駆使して、難解な長文問題も速読即解が可能に。明快な口調とテンポの良い授業は時間を忘れてしまう!いつまでも終わってほしくない、とにかく面白く感動的な授業が全国の受験生から大絶賛!!

 

↓紹介動画はコチラ↓

 

受講生の声

 

君も、渡辺先生の公開授業を体感しよう!


2017年 8月 18日 9月25日 船堀校に渡辺先生来たる!

9月25日(月)

19:30~21:30

新規開校記念・特別公開授業

渡辺 勝彦の

有名難関大<逆転合格>へのスーパー総合英語(特別編)

を開催します!

 

 

是非ご参加ください!

お申込みはこちらまで!

0120-104-201

 

 

12