ブログ | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ 

2020年 4月 7日 新担任助手紹介 岩倉明音

初めまして!

新しく担任助手になりました、

岩倉明音です。

少しばかり私の自己紹介をさせていただきたいと思います。

 

名前:岩倉明音

大学/学部:東京外国語大学 

   国際社会学部

高校時代の部活:ESS 

(英語でミュージカルをする部活です。

部長をしてました。)

趣味:歌うこと、

映画/舞台/音楽鑑賞、

テニス観戦、旅行、読書 etc

 

 

私は受験期に

①毎日東進にきて勉強し、

休日は15時間勉強する。

 

②勉強法を確立し、

綿密な計画を立て、実行する。

 

③計画のフィードバックをし、

次に生かす。

 

この3点を特に意識して勉強した結果、第一志望に合格することができました。

細かいことを言えばほかにも意識していることはありましたが、

この3点はどんな受験生でもやるべきことでありやれば効果があることです。

これはある先生の受け売りですが、受験勉強に限らず、

努力は正しい場所で

正しい方向で

十分な量行えば報われる

と私は考えています。

 

生徒の皆さんが切磋琢磨し、こうした努力をして第一志望合格できるように

全力でサポートしていきたいと思います。

各教科の質問だけでなく勉強法の質問、悩みなど何でも聞くので

遠慮なく話しかけてください。

これからよろしくお願いします!

2020年 4月 6日 新担任助手紹介‐伊藤光洋−

 
初めまして!
 
新しく担任助手になりました
伊藤光洋です。
 
早稲田大学政治経済学部に進学します。
 
高3の7月まで硬式野球部に所属していました。
 
自分の受験経験を生かして、皆さんの第一志望合格に向けた、最大限の手助けをしたいと思います。
 
気軽に話しかけてくれると嬉しいです!
 
1年間宜しくお願いします。
 

 

 

 

2020年 4月 4日 【最後の挨拶】橋本芙紗

こんにちは。
1年担任助手の橋本です。
 
ご存知の方もいると思いますが
私はこの春、東進ハイスクールの担任助手を卒業します。
そのため、最後にみなさんに伝えたいことを
この場を借りて書こうかな、と思います。
 
第一志望に受かるために必要なこと。
それは「自分自身で考えること」です。
担任助手にやれと言われて受講を進めてませんか?
過去問演習を何年以上やれと言われてとりあえずでやっていませんか?
もちろん、東進の担任助手は、
みなさんが合格するためにちゃんと今後を見通した計画を立てた上で言ってくれているので、
その通りにやることは大事です。
ただ、それを「言われたからやる」にしてはいけないんです。
それはただの「担任助手のための勉強」です。
東進には向上得点という、
皆さんの学習量を示す数値があります。
それを見れば、私達担任助手は
皆さんの学習量を確認することができます。
受講をして、確認テストにその場で受かれば、
向上得点が加算され、
私達から見ても受講が完了したことがわかります。
でもそれが、「皆さん自身の勉強」なのか
「担任助手のための勉強」なのかを判断することはできません。
だから皆さん、一つ一つの受講や演習に対して、
自分が今何を学ぶべきなのか
今やるべきことはこれか
「自分で考えて」から取り組んでください。
自分のためになる、受験で必要な知識を得られるのは間違いなく「皆さん自身の勉強」です。
長くなってしまいましたが、
1年間生徒として在籍し、1年間担任助手を務めさせていただきました。
ありがとうございました!
皆さん、大変な状況ではありますが、
残りの期間全力を尽くして頑張ってください!

2020年 4月 3日 【最後の挨拶】錦織颯人

こんにちは。

 

一年担任助手の錦織です。

 

今回が最後のブログということで書きたいこと書こうと思います。

 

突然ですが、みなさんは将来この仕事に就きたい

 

とか

 

こういう環境で働きたい

 

というものが自分の中で明確になっていますか?

 

僕は明確に将来この仕事に就きたいというものは今の所ありません。

 

仕事に就くのかさえ決めていません。

 

ただ、自分の好きな事をして生きていこうと決めています。

 

好きな事をして生きていくと聞くと、

 

おそらく多くの人は「好きな事で生きていくのは無理。

 

好きな事で生きていける成功者はほんの一握りで

 

現実はそんなに甘くない。」などと、思うことでしょう。

 

確かにその通りだと思います。

 

では、なぜ世の中にそのような成功者は少ないのか、

 

それは、

 

多くの人がYouTubeやテレビで成功している人を見て、

 

羨ましいなぁとかこんな生活したいなぁと思うだけで、

 

行動に移そうとしないからだと僕は思います。

 

行動しようと思ってはいるけどできなかったり、

 

失敗するリスクを恐れ現状に甘んじたり、

 

行動できない理由は人それぞれありますが、

 

僕はそうやって言い訳をし、

 

行動する事から逃げ続け、

 

終いには就きたくもない仕事に就き、

 

ストレスを抱えながらただ最低限の生活費だけを

 

稼ぎ続ける人生に落ち着くのだけは絶対に嫌です。

 

だから、僕は自ら行動することを人生の指針とし、

 

日々新しい事に挑戦し続けたいと思います。

 

これからは好きな事で生きていける時代だと僕は思っていて、

 

実際にプロゲーマーやYouTuberなど

 

ひと昔前であったら考えられなかったようなものが

 

立派な職業として多くの人に認知されています。

 

こういった時の流れに対し、

 

常識という皮を被った偏見や、

 

真面目であるという事にとらわれ過ぎて

 

人生の貴重な時間を無駄にするのって

 

本当にもったいない事だと思いませんか??

 

結局何が言いたいのかというと、

 

一度きりの人生を最大限謳歌するために、

 

まずは行動してみようよって事です。

 

僕も頑張ります。

2020年 4月 2日 【最後の挨拶】山本悠太郎

 

こんにちは!山本です!

今年度付で僕は担任助手の任を退くので

今回は最後のブログとなります!

とはいっても僕は他の引退する方々

のような雄渾なお話はできないので

簡単なお話をしたいと思います。

 

皆さんは今まで困難に直面した時

どのように対処してきましたか?

僕は大概の場合

一人で物事を解決してきました。

それでうまく生きてこれましたし

実際、受験もうまくいきました。

なので僕は受験というのは結局のところ

自分の力で何とかしなければならない

と確信しています。

もちろん人間は他人の力なくしては

生きてはいけませんので

他人の力を全く使ってはいけない

というわけではないですが割合としては

自分の力:他人の力=8:2

程度だと思っています。

いつまでも他人に頼ってばかりではいけません。

それに気づけたとき人として成長できると思います。

価値観を押し付けるようで心苦しいですが

これを気に留めて受験に臨んでみてください。

 

受験というのは人が最も成長できる

素晴らしいイベントです。

ですがこれが最後のチャンスともなります。

どのように成長するかは人それぞれで答えはありません。

受験が終わった時に自分が納得できる

成長を遂げたならそれが正解です。

がんばってください。