【併願校の決め方】竹内祐人 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2020年 12月 10日 【併願校の決め方】竹内祐人

こんにちは!

担任助手の竹内です。

最近は寒すぎて朝早く起きられるようになりました笑

朝といえば、苦手な受験生も多いはずですよね…

(ぼくもそうでした)

そろそろ受験本番に備えて早寝早起きを習慣化した方が

受験の結果がよくなるかもしれません!

さて、今回のテーマは

【併願校の決め方】です。

まず、ぼくが実際に出願したのは、

センター利用×3(1勝2敗)、

一般入試×4(1勝2敗1不受験)

です。

先に言っておきますが、これはかなり少ないです。

とても大きなリスクがありました。

それでも合格を取って今大学1年生をやれているのは、

第一志望の受験の前に、

「確実に受かる大学」を受けて、

まず1つは合格を取ったからです。

その後、安定した精神状態で、

第一志望の入試に臨むことが重要です。

入試本番、ましてや第一志望ともなれば緊張するのは必然です。

それでも、たとえここには行かないと決めているような大学であっても、

1回は入試本番で成功しているという体験

ができているということ、

これが与えてくれる自信・安心感をいかせば、

第一志望合格も近づくように思います。

もし自分の出願予定校を見直してみて、

「確実に受かるところないかも…」と思ったら、

共通テスト利用でも一般入試でも、

今までの模試でA判定をとれているようなレベルの

大学を1校は受験してみるとか、

偏差値を参考に考えてみてください。

繰り返しになりますが、

1つ合格を取ってから望む試験では、

自信や安心感によって、

良いパフォーマンスが発揮できると思います!

参考になったら幸いです!

冬休みもたくさん頑張っていきましょう!

(受験生はもちろん高1・2年生もですよ!)

ぼくからは以上です!

明日のブログは

河野担任助手です!