【共通テスト同日体験受験で意識すること】飯島弘太 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2021年 1月 4日 【共通テスト同日体験受験で意識すること】飯島弘太

こんにちは

担任助手2年の飯島です!

今年もよろしくお願いします!

2021年が始まって三が日も終わりましたが

コロナ情勢はまだ落ち着きそうにありません…。

完全に収束するまでもうしばらくかかりそうですね。

これを機にまた新しいことを始めてみるのもいいかもしれません!

 

さて、今日のテーマは

共通テスト同日体験受験で意識することです。

主に新高3,2年生向けにお話していこうと思います。

新高3,2生の皆さん、

まず共通テスト同日体験受験の申し込みは済ませましたでしょうか!?

今年の同日受験はたくさんの生徒が申し込みをしているので

そろそろ申し込み受付終了になる可能性があります。

大学受験を考えている生徒は今すぐ申し込みましょう!

もちろん、無料です。上のバナーをクリック!

 

では、本題の同日受験で意識することは

現時点での絶対に行きたい大学および行けたらいいなと思う大学との

ギャップを知ることです。

それも具体的に

各大学ごとの過去の合格した先輩の平均点とどれくらい差があるかを知りましょう。

そういったデータはネット上にも出回っていますし、東進船堀校にもおいてあります!

まだ知らない人はぜひ受付のスタッフに聞いてみてください!

そして、同日受験のデータは通常の模試よりも受験者数が多いのでとても参考になるかと思います。

そういったデータと比べて

平均点を超えているのであれば、

今のところは合格者の波に乗れているということになりますね。

一方、超えていない生徒については

今までの努力量では足りないということになります。

これまで以上の勉強量が必要ですね。

 

このように具体的な数値に着目して

模擬試験を有意義なものにしていきましょう。

そして、今回の結果から受験勉強の本格的なスタートのきっかけとしていきましょう!

 

明日のブログは

岩倉担任助手です!

お楽しみに!