【受験本番のアクシデント】竹内祐人 | 東進ハイスクール 船堀校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2020年 12月 27日 【受験本番のアクシデント】竹内祐人

みなさん、こんにちは!

担任助手1年の竹内です!

年の瀬ですね。

皆さん2020年に

やり残したことはないですか?

ないです!と言えるように

できることを着実にこなしていきましょう!

さて、今回のテーマは

【受験本番のアクシデント】

ということで、

センター当日、

本当にあった怖い話をしようと思います笑

 

センター試験では

数学1と数学1A、数学2と数学2Bが

それぞれ同じ冊子に含まれるのですが、

ぼくの友人には数学1Aと間違えて

数学1を解いてしまい、

試験時間残り15分のところで気づいた

という人が何人かいました…

 

当然点数はかなり悲惨で、

中には足切りのある国立大学に

出願しないという選択をした人もいました。

 

せっかく勉強しても、

その成果を発揮できなくなってしまうのは

非常にもったいないです。

自分がそんなことするわけないだろうと、

今これを読んで思っている人ほど、

本番でやってしまうものです。

他人事だと思わずに気を引き締めて

日々の努力の成果をぶつけてきてください!

 

明日のブログは

河野担任助手です!