【受験生向け、これからのセンター対策】池山晴紀 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2019年 12月 3日 【受験生向け、これからのセンター対策】池山晴紀

皆さんこんにちは

担任助手3年目の池山と申します

 

季節は一気に冬となりました。

とくに夜は一気に冷え込むため、我が家でも毛布が欠かせなくなりました。

皆さんも風邪をひかないように十分にお気をつけください。

 

さて、本日のテーマですがセンター試験本番まで残り50日ちょいということで、

受験生向けにセンター試験対策の記事を執筆したいと思います。

 

さて、泣いても笑っても残り50日程度で受験生にとっての最初の鬼門であるセンター試験が始まります。

準備万全の方もそうでない方もいるでしょう。

 

この残りの期間やることとしてはある日を境に大きく分かれます。

そう「センター試験本番模試です」

東進では12月15日にあります。この最後の模試を境に勉強の方向性としては変わってきます。

 

「模試前」

センター試験で使う教科すべてまんべんなく解いていきましょう。

全教科3年分くらいといておくといいでしょう。

 

「模試後」

大切なことは主に2点あります

①まずは模試の帳票をとことん活用しましょう

 

そこには現状のあなたの弱点がすべて記載されてます。

帳票を基にその後の戦略立てをしてきます。

 

②弱点部分に絞って徹底的に演習しましょう。

 

後は演習あるのみです。

弱点分野を徹底的につぶしましょう。

逆に言うと12月の時によく取れていた教科にはそこまで時間は割かなくてもよいという事も言えます。

 

 

センター試験は全国で数万人もの受験生が受ける試験になります。

また全国の受験生がほぼ間違いなく緊張する試験です。

(個別試験は全く緊張しなかったがセンターは緊張がやばかったという人が多い、肌感覚です)

何が起こるかわかりません。

万全の備えをして本番に臨みましょう。

 

頑張れ受験生!

 

~サブテーマ~

「今年を振り返って」

大学生活ももう終わりかー

早いなー

社会人いやだなー。学生生活のままがいいなー。って一年でした。

明日のブログは山本担任助手です。