【夏休み、こう過ごしてました】伊藤光洋 | 東進ハイスクール 船堀校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2021年 7月 28日 【夏休み、こう過ごしてました】伊藤光洋

 

こんにちは!!!

 

担任助手二年の伊藤です。

 

いよいよ受験の天王山とも呼ばれる夏に突入です。。

 

そもそも、なぜ夏休みは受験の天王山なのでしょうか?

 

それは「勉強時間が増えるから!!」

 

この答えは、正確ではありません。

 

学校の授業も勉強ですもんね。

 

それでは、なぜか?

 

答えは「自習の時間が増えるから」です。

 

学校の自習の時間でさえ、

 

勉強している人もいればいない人もいる。

 

それがまる1日ともなればその差は歴然ですよね

 

つまり自習を制する人は夏休みを制し

 

延いては受験勉強も制するわけです。

 

という事で、今回のテーマ

「夏休み、なにしてた」は

 

自習してた!!

 

これに尽きます(笑)

 

それだけではさみしいので

 

今回は番外編として、

 

「自習の質と量を上げる方法」を伝授します!

 

そんな画期的な方法が実はあるんです!

 

それは、「1日の厳しい計画」を立てる事です!

 

自分自身そうだったのですが、

 

危機感がないとまるでダメな人間で

 

朝とか起きれないし、休憩も長くなるし

 

典型的なダメ受験生でした。そこで思いついたのが、

 

タイトなスケジュールを自分で作り

 

危機感を常に持つという作戦です。

 

前日までに、

朝6時に起きないと到底終わらない

寝坊した瞬間・休憩時間が伸びた瞬間に

詰んでしまうような計画を立てて

危機感ドーピングを行っていました。

 

不思議なもので、

早起きする理由ができたら

実際にできるものですね。

 

このように計画を立てる事で

  • 1 無駄な時間を省ける
  • 2 過去にどのような勉強を何時間したかが確認できる
  • 3 何をすべきかが把握しやすい
  • 4 危機感を生み出せる

などなど良い事尽くしなので

ぜひともタイトなスケジュールを立てて

自習を制してほしいと思います!

 

 

明日のブログは大谷さんです!!