【学校と東進、どうしてた?】伊藤光洋 | 東進ハイスクール 船堀校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2021年 5月 17日 【学校と東進、どうしてた?】伊藤光洋


こんにちは。

ようやくノートパソコンを購入した伊藤です。

先日、能楽師の野村萬斎とお話しする機会があり、

「理想の人物(職業)になる一番の近道は

理想を体現する人物の近くにいること」と伝えられました。

学ぶとは「真似る」とよく言ったもので

成功者の行動を吸収することはかなり重要だと改めて感じました。

受験生の皆さんも

第一志望校に合格した先輩の話だったり

とても勉強ができる同級生の話をぜひ聞いてほしいと思います!

 

自分はロサンゼルスに行って

大谷翔平の近くにいこうと思いましたが

パスポートの期限が切れてて60秒で断念しました。

今、気付いて良かったです!

 

さて、今日のテーマは

学校と東進どーやって両立してた?ですが、

先に言うと、今回のブログは100%主観的な内容です。

私の持論が正しいかどうかの判断は各自でしてください!

 

学校と東進の両立を行う上で

一番の悩みの種となるのは 定期試験でしょう。

なので私からは、定期試験を中心とした話をしたいと思います!

 

定期試験の勉強は一言に尽きます。

「定期試験勉強」が「受験勉強」よりも

第一志望校合格に役立つ】と思うなら行う。

言い換えれば、役に立たないなら行わない。です。

みなさんの目標は第一志望校合格のはずです。

その夢の実現のために定期試験の勉強は役立ちますか?

 

この判断は個人によるでしょう。

推薦入試を考えている人は、言うまでもありませんが、

一般入試を考えている人でも、理科基礎などは定期試験の勉強が

受験に役に立つ場合があるでしょう。

 

自分は早期から受験1本に絞っていたので、

定期試験勉強はほとんど行いませんでした。

おかげで栄養学・音楽史等はボロボロでした(笑)

今でも、それが正解だと思っていますが、

これが正解だと主張するつもりはありません。

 

みなさん自身で考えて、結論をだしてみて下さい。

判断基準は、「第一志望校合格」です。

時間は有限です。

できるだけ早く判断することを強くお勧めします。

明日のブログは大谷さんです!!!お楽しみに!!!