【担任助手紹介:池山晴紀】 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2019年 4月 12日 【担任助手紹介:池山晴紀】


 

こんにちは。担任助手3年目となりました池山晴紀と申します。

 

気温が安定しない日々が続いていますね。皆さま体調は大丈夫でしょうか。僕はしっかりと崩してしまいました。

また、大学でも新学期が始まりました。新しいキャンパスでの授業が本格的にスタートし、ゼミも本格始動しました。

大を学生活残り2年、実りあるものにしていきたいと思っております。

 

さて本日はテーマは担任助手、自己紹介ということです。

簡単なプロフィールの紹介と、座右の銘の紹介をさせていだきたいと思います。

 

プロフィール

名前:池山晴紀

高校時代の部活:ラグビー部

大学:明治大学 政治経済学部 政治学科 3年

専攻:国際関係学

 

座右の銘

僕は一つの詩を心にとどめいています。このブログでも以前紹介したものになります。

 

 

「歓酒」(干武陵:訳・井伏鱒二)

コノサカヅキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトヘモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ

 

干武陵という詩人が書いた詩を井伏鱒二という作家が訳したものになります。

とくに好き一節ながあって、それは『「サヨナラ」ダケガ人生ダ 』という箇所です。

 

人生に別れはつきものです。それこそがまた人生でもあります。

それを多く乗り越えて人間は成長していくのです。そんな思いを込めて井伏鱒二はこの詩を訳したのではないでしょうか。

 

さて、4月は出会いの季節です。この船堀校にも多くの新しい出会いがありました。

その一方でお世話になった先輩担任助手たちとの別れもありました。

 

その一日一日が船堀校の新たな歴史となっていくのではないでしょうか。

皆さんたちと新たな船堀校の歴史の糸を紡いでいくのを楽しみに船堀校でのひびを過ごしていきたいと思います。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

明日のブログは藤間担任助手です。