【最後のご挨拶(みんなありがとう!)】丸山雄大 | 東進ハイスクール 船堀校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 4月 26日 【最後のご挨拶(みんなありがとう!)】丸山雄大

こんにちは。担任助手2年のまるやまです。

ここ最近暑い日と寒い日の差が激しいですね。しんどいです。(笑)

 

校舎にも新しく入ってきた

担任助手1年生のみんながいて心が洗われます。

1年生のみんなに負けないように頑張ります。

 

突然ですが。

 

私。丸山雄大は

今月4月いっぱいでこの船堀校を去ります。

 

要するにこのブログが最後のブログです。

まぁ船堀校を去るとなると

寂しいものがありますね。

 

この船堀校に高2の10月から通い

約2年半もの月日を過ごしました。

楽しかったこともつらいこともありました。

 

そんなことも含めて最後に一つだけお話しさせてください。

 

同じように4月いっぱいで校舎を卒業する

粕谷担任助手、竹田担任助手、小川担任助手のように

深いことは言えませんが

老いぼれの独り言だと思ってみてください。

 

今日ここに来るまでに

考えたことがあります。

 

昔の話ですが、高校時代は獣医師を夢としていました。

獣医師とは動物のお医者さんです。

 

日本国内では獣医学を学ぶ大学も少なく

また、就職の場も限られています。

長くなるので、なぜ目指していたかは話しませんが

確固とした理由がありました。

 

けどそこのあなたたち!

「今通ってる大学は獣医学部じゃないじゃん?」

と思いませんでしたか?

 

その通りです。今は園芸学部で高校教員を目指しています。

なんでいまは違うのか。

詳しい理由は言いませんがそういうことです。(?)

 

高校教員になりたいのも理由があります。

 

「じゃあ今大学で勉強してて楽しいの?」

って思いますよね。

 

楽しいですよ。すごく。

 

話が脱線しそうなので

よくわからなくなる前に何が言いたいのかを言うと

 

自分の興味のあることにはチャレンジする。

 今ある環境で全力になる。

 

意外とこの二つってできないと思います。

実際いま楽しいって思えるのは

 

過去の自分が頑張った、努力した。

そういう感じで

これまでの自分の努力があったからだと思います。

 

担任助手としても同じことを思いました。

上級生の皆さんで東進を去った方々は

口をそろえてこう言います。

 

「担任助手を頑張って良かった」

私もそう思えます。

 

嫌なこともつらいことも含めて

全力になったから。

楽しかったって思えるのだと思います。

 

もちろん私にも頑張れなかった、できなかったこともあります。

担任助手としてできなかったお仕事もありますし

チャレンジできたこともあります。

 

そこに関しては申し訳なさでいっぱいです。

 

 

ですが、東進だけじゃなくて

どこにいっても”努力すること”は通用すると思います。

 

(通用しないようだったらごめんね…!)

 

受験勉強をする東進生の皆さんは

今自分がおかれている状況で

全力で毎日頑張ってほしいです。

いつか絶対何らかの形で結果が帰ってきます。

 

受験生の皆さんは来年の3月に

笑顔で報告に来てほしいと思います。(待ってるね!)

 

2年生担任助手の同期の皆さんに置かれましては

ご迷惑をおかけしてしまい

お見苦しいところも見せてしまいましたが

感謝しております。

ありがとう。

 

最後になりますが

 

担任助手になる機会を与えてくださった

前校舎長

そして短い間でしたがお世話になった

永田校舎長

これまでどんな時でも一緒にいてくれた

上級生担任助手の皆さん

 

本当にありがとうございました。

この場をお借りして感謝申し上げます。

 

今後は担任助手としてではなく

船堀校のファンとして

陰ながら応援して参ります。

 

皆様のご健康と益々のご活躍、

そしてこの船堀校が

日本で一番の予備校になることを

お祈りして

 

お別れのご挨拶とさせていただきます。

 

一年間ありがとうございました!!

またね!!

 

次回のブログは

阪口担任助手です!お楽しみに!