【最高のスタートダッシュをきるために】堺琢人 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2020年 3月 11日 【最高のスタートダッシュをきるために】堺琢人

 

皆さんこんにちは!!

担任助手2年の堺です!

 

昨日東大の合格発表があり

これにてひとまず国公立大学の前期試験すべての

合格発表が終わりました。

 

国公立組の受験生のみなさん

ほんとうにお疲れさまでした。

 

まだ、結果によっては後期試験が

残っている生徒もいると思います。

最後まであきらめないでください。

 

諦めない気持ちが、

そしてその大学への思いが

きっと良い結果に

繋がると思います!!

最後まで頑張っていきましょう!!!

 

さて、話は次の学年。

次の受験生についてです!!

特に新高3生の皆さんはもう受験生と

しての自覚を持っているでしょうか?

いまおそらく学校がない時期だと思います。

この時期に例年とは比べられないほどの

勉強量の差が生まれます。

 

例えばA君とB君を例に比較しましょう。

 

A君は1日に仮想夏休みだ!

この時期をつかって15時間勉強するぞ!

という意気込みで12時間ほどは

勉強できる体が出来てきました。

 

B君はまあ勉強はしないとな。

と口では言いつつ校舎に

13時にきて、17時には帰り

家に帰ったらYouTubeをみています。

校舎に来て行うのは受講と

高速基礎マスターのみです。

さあこのA君とB君で3月の

1カ月間でおこる差を考えてみましょう。

 

A君=12×30=360時間

B君=4×30=120時間

 

ここで240時間の差が生まれてきます。

 

うわ多いな。それで終わってはいけません。

ほとんどの受験生はどんなに遅くとも夏休みには

めっちゃ勉強します。

つまり夏休み以降のおよそ半年間は勉強時間の差は

ほとんど生まれてきません。

つまり半年=180日

240時間÷180日=4/3時間

                             =1時間とちょっと

これ後ほど取り返さなくてはなりません。

そうとうしんどいです。

 

ですので今のこの時期に

狂ったように勉強してください!

 

最後に助言ですが、

自分はなんだかんだ受かる人間だからとか

最後には覚醒して偏差値は上がるんだとか

謎の根拠は持たない方がよいです。

痛い目をみます。

実体験です(笑)

特に難関校を目指す人はです。

 

私の周りには浪人生がたくさんいました。

(みんなはしないようにね。)

私よりも全然賢かったのに現役で受からなかったのです。

そういった生徒とも同じ受験のフィールドで戦います。

そういった人を学力で倒さなくてはなりません。

それくらい受験って厳しいんです。

そういったことも頭の片隅に

入れながら勉強していってください。

 

 

 〜サブテーマ〜

私の健康促進法

筋トレです。

筋トレすれば基礎代謝も上がるし

風邪もひかなくなります!

と個人的には思っています!

 

明日のブログは

瀬崎担任助手です!!