【東進模試の活用】荒智哉 | 東進ハイスクール 船堀校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2021年 4月 25日 【東進模試の活用】荒智哉

 

こんにちは!1年担任助手の荒です。

大学生生活も本格的に始まり勉強、バイト共に忙しくなってきました。

大変ですが毎日充実していて、とても楽しいです。

最近2回目のエヴァンゲリオンを見てきました。

考察含めての2回目でようやく少し理解出来ました汗 

まだスッキリはしてないですが…

あれ1回で理解できる人いるんですかね?笑

 

 

 

そんなことどうでもいいんですよ

ということで今回のテーマ「東進模試の活用」に入りたいと思います。

皆さん、模試ってどういう心構えで受けてますか?大体の人が「模試は腕試しだから勉強しなーい!」という考えではないでしょうか

最初に言っておくとその考えは落ちる人の考え方です。

何事も目的意識をもって実行しないと成長はありません。

「あの時もっと勉強していたらな~」では遅いです。

「この分野では確実に落とさん!」「この大問までは何分で終わらすぞ」など自分なりのテーマを持って模試のための勉強を行いましょう。

では、模試のための勉強とは何でしょう?

僕は模試の1週間前、高マス1日1000トレ、計7,000トレをしていました。

教科は特に決めてはなかったです。

これでも十分かと言われると微妙ですが、大切なのは自分が自信を持てるほど実行できたかどうかです。毎回の模試に全力で臨めたなら、志望校合格に近づきます。

ストイックに行きましょう笑

また、模試後のケアも忘れずに!! 受けた教科は隅々まで復習しましょう。

これが1番重要ですからね。

 

4月模試は勝負の分かれ目です。ここでの完成度が合格を大きく左右します。最高の準備をして臨みましょう!

 

次回は竹内担任助手です