【東進模試の活用法】中田庸介 | 東進ハイスクール 船堀校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2021年 5月 9日 【東進模試の活用法】中田庸介

こんにちは

担任助手の中田です

まだまだコロナと闘わなければならない時期です。

大学の授業はオンデマンドがほとんどで、週に一度しか学校に行きません。

図書館を楽しみにしていたのですが今は閉まっていて悲しいです。

感染しないように気を付けて元気に過ごしてください。

 

今日のテーマは

東進模試の活用法です

模試は自分の今の実力をはかり、

今後の学習の方向性を決定づけるいい機会です。

そこで模試に向けて、また模試の後で

したほうがいいことを書きたいと思います。

 

①模試の前

いきなり自学から模試の問題に切り替わると

自分の力を正確に引き出すことはできません。

なので一回過去問を解いておくとよいです。

 

②模試の後

模試の復習は早くとりかかるのが大事です。

普段の学習より優先させたほうがいいと思います。

時間が足りずに解けなかった問題は解説を見る前に解きましょう。

時間が足りずにできなかったことと

そもそもわからなかったというのは大きな違いです。

自分が模試を解いたときの感触(時間配分、解く順番、理解度など)を思い出しながら

丁寧に復習してください。

 

以上が気を付けたほうがいいと思うことです。

参考になったのなら幸いです。

 

 

明日のブログは丸山担任助手です

お楽しみに!