【東進模試の活用法】北山早希 | 東進ハイスクール 船堀校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2021年 5月 12日 【東進模試の活用法】北山早希

みなさんこんにちは!

担任助手3年の北山です!

まず、初っ端から脱線します(笑)

太陽光にはセロトニンといって人に

穏やかな感情を与える物質を分泌させる

効果があるそうです。

最近、ずっと家にいるのでほぼ太陽光を

浴びていなかったのですが、なんだか

冴えないなあと感じていたので、

ベランダで音楽を聴いたり、軽く勉強を

してみたりしたところ少しずつ気持ちが

上向きになってきた気がします!

太陽光って偉大だなあ、と感じた

今日この頃でした☀

 

さて、本題に移りましょう!

今回のテーマは

【東進模試の活用法】

ということですが、模試前の勉強や

復習法などは前の人たちが書いて

くれているので、私は少し抽象的な

話をしたいと思います。

 

受験において「学力」「偏差値」などは

もちろん必要なものですよね。第一志望校に

必要な学力を身に着けるために日々受験勉強に

励んでいることとと思います。

その点でいえば、「模試を受ける」という行為

自体で学力を大幅に上げるということは難しい

ことかもしれません。

(※もちろん模試前の勉強やその後の復習は

すごく大事ですので模試が受験勉強にならないと

言っているわけでは決してありません。

日本語って難しいですね・・・汗)

 

では、模試でしか得られないものは何か。

それはずばり「勝負勘」だと思います。

例えば同じ偏差値の2人の受験生が同じ大学を

受けたとして、2人とも受かるかというと、

実際そうとも限りません。何が明暗を分けるか

というと本番の空気感や緊張感に負けない心や、

模試での本番さながらの経験による勝負勘

なのではないでしょうか。

受験本番はきっと想像以上に緊張します。

出来るだけ多くの模試を受けて、強い

勝負勘をつけていきましょう!!

 

明日のブログは篠原担任助手です!