【模試前の過ごし方】瀬崎丈斗 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2020年 11月 19日 【模試前の過ごし方】瀬崎丈斗

こんにちは。

2年の瀬崎です。

毎回冒頭で言いますけど

本当に寒いですね。

人間も冬眠できないかな〜

って最近思ってます。

今回のテーマは

模試前の過ごし方です。

今回は模試前と当日両方について

精神的な話をしていこうと思います。

これによって模試前の過ごし方も

変わってくるでしょう。

ではどのような心持ちが正解なのか

人によって

3通りくらいあると思います。

今回取らなければやばい!

と自分を追い込むタイプ。

そもそも取れるから大丈夫と

自身を持って臨むタイプ。

模試だから

ある程度取れればいいやと

通過地点としか見てないタイプ。

こんな感じでしょう。

これは本当に人それぞれです。

緊張感持った方が

パフォーマンスが上がる人もいれば

できなくなる人もいます。

模試だと取れないな

みたいな人は

1個目のタイプは合わないですね。

私の場合は3個目の

通過地点くらいと

楽観的に捉えるタイプでした。

なんか模試を大事にしていないみたいで

良くないように

捉えられるかもしれないですが、

これのメリットもあります。

絶対に落ち込まないです。

次取れればいいや、

本番取れればいいや思考なので

一瞬で切り替えることができます。

もちろん復習とかはしますよ。

デメリットもなくはないです。

模試前だからと思うと

緊張しなくて済みますが、

本番緊張しては

本末転倒です。

受験本番においては

誰しもが2個目のタイプに

なることが理想ですね。

個人的には

点数が悪いとめっちゃ勉強するとか

良いとちょっと手を抜くみたいな

モチベーションの起伏のようなものが

あまりなく、

とりあえず受験終わるまでは

コンスタントに勉強していこう

って感じだったので

3個目の考え方が

最も合っていたのでしょう。

受験生の皆さんも

自分の今までの模試前、

模試中、模試後を振り返り、

どうゆう心持ちが最も自分に

適しているのか

あと2回の模試で見つけてみてください。

 

明日のブログは

堺担任助手です。