【私、こんな暗記法やってました】篠原遥香 | 東進ハイスクール 船堀校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 4月 15日 【私、こんな暗記法やってました】篠原遥香

こんにちは!

担任助手3年の篠原です!

大学1,2年生の頃は体育以外ほとんどオンライン授業でしたが

3年生からは、100%対面授業になりました!!!

大教室で超大人数で授業を受けて、

キャンパス内で友達とすれ違って、

お昼休みに学食でご飯を食べて、

やっと大学生らしい毎日でハッピーです!

オンライン授業だとなかなか友達ができなかったので

これからたくさん友達を作っていきたいです(^^)

今日のテーマは【私、こんな暗記法やってました】

ということなのですが、

暗記をする上で授業中に意識していたことがあります。

それは、、、

どんな関連情報でも集中して聞いてメモを取ることです!

覚える情報量が増えて、

重要なことを覚えられないのでは?

と考える人がいると思います。

しかし、関連する情報を取り入れ覚えることで、

より強く印象に残り記憶に残りやすくなります。

そして、より多く情報を取り入れようと

意識して授業を受けているうちに

授業内容に興味関心が湧いてきて、

より覚えやすくなります。

例えば、豊臣秀吉は織田信長と出会う前は、

出自がわからないような低い身分で

家臣に取り立てられることすら難しかったそうです。

そんなところを織田信長は身分の垣根を越えて、

能力や実力のあるものは積極登用していました。

そのおかげで秀吉は歴史に残る超重要人物になったのです。

豊臣秀吉というワードを覚えようと思ったときに、

(あまりにも有名すぎる人物ですが)

このようなエピソードを知らなければ

豊臣秀吉という単語をひたすら書いて覚えるなんて

ことはしなくても覚えられますよね。

ちょっと例えが悪かった気しかしないのですが

とりあえず何でも必要な知識だと思って

授業に集中してメモを取ってください!!

これだけで全然違うと思いますよ!

英単語を覚えるときも、

語源や関連語、反意語、例文まで見てみたり

語呂合わせを調べてみてください!

応援しています!

明日のブログは

大谷担任助手です!