【私はこれで受かった】竹内祐人 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2020年 7月 10日 【私はこれで受かった】竹内祐人

こんにちは、担任助手1年の竹内です!

現在、ぼくは第2外国語としてスペイン語を勉強しているのですが、

受験生時代に確立した英語の勉強法がとても役立っています。

「大学受験で得たものって大きいなぁ…」と実感しています笑

さて今回のテーマは【私はこれで受かった】です。

結論からいってしまうと、合格に必要なのは、

「自信」・「運」だと思っています。

これだけ聞くと「何言ってんだこいつ…?」と思うかもしれません。

というわけでぜひ最後まで読んでいただきたいです…!!

まず「自信」についてです。

受験本番はやはり緊張します。

でも揺るがない圧倒的な自信があれば、

普段通り、もしくはそれ以上のパフォーマンスを発揮できます。

では、自信はどうつけるのか?

ずばり、後悔のないくらい勉強した感覚が大切です。

過去問を何周もやり抜く意義もここにあると思います。

自分にできることは全てやったうえで、試験に臨みましょう!

実際、ぼくは早稲田を受けた時、2科目目の理科で合格を確信したのですが、

それは過去問をやり抜いていた結果、

「あれ、こういう問題見たことあるぞ…!」

と試験中に思えたからです。

また、

自信がないと解けるはずの問題も

解けなくなります。

ぼくは初の2次試験が慶應だったのですが、

当日は朝からずっと不安で、自信を喪失しており、

結果も補欠でした…

繰り返しになりますが、自信を持って試験に臨みましょう!

2つ目の「運」についてです。

「そんなものどうしようもないじゃないか!」

そう思われた方にぜひ伝えたい言葉があります。

「受験なんて最後は運だよ。結局出た問題が解けるか解けないか。

でもその勝負は50-50ではない。

運は日頃どれだけ頑張って

勉強したかで変えられる。

いっぱい勉強したら出てきた問題が解ける確率が上げられる

だから頑張れ!」

この言葉は、ぼくの英語の恩師が伸び悩んでいた時に

激励としてくださった言葉です。

今は苦手な科目・分野も

最後に思わぬところで助けてくれることもあります。

めげずに頑張ってください!

ぼくからは以上です、最後まで読んで下さりありがとうございました!

 

明日のブログは

河野担任助手です!!