【自分が夏休みにやっていたこと】橋本芙沙 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2019年 8月 30日 【自分が夏休みにやっていたこと】橋本芙沙

 

1年生担任助手の橋本です。

先日行ってきたサークルの夏合宿によって

わたくし、テニス熱が最高潮です。

テニスってめちゃくちゃ楽しいし奥が深いスポーツですよね。

もっとうまくなるために頑張ります!

 

今回のブログテーマ

【自分が夏にやっていたこと】

私は高3から受験勉強を始めたので

夏休みが勝負の時間でした!

私が特に力を入れていたのは 演習 です。

センター試験過去問演習講座

大問分野別講座

2次・私大過去問演習講座

東進には演習を積めるコンテンツがたくさんあります。

特にセンター試験過去問を1日中やっていました。

過去問を何年分か解けば苦手が分かるので

その苦手は、自分でまとめて「苦手ノート」を作ったり、

大問分野別で何回も演習したりしました。

私は国公立理系志望でしたが

第一志望がセンター試験重視型だったため

8月のセンター試験本番レベル模試でしっかり結果を残せるように

夏休み中頑張りました!

また、1日中勉強できることが仇となって

ダラダラ勉強していませんか?

私は必ず1日の勉強計画を立てていました。

そうすることで長い夏休みを

目的を持った有意義な時間に出来ると思います!

 

サブテーマ【おススメの本】

最近、もっぱら本を読まなくなりました…

ただ、高校生の時に授業で扱った

夏目漱石の「こころ」がとても印象に残っています。

授業では、この作品を

パラダイムシフト(常識と考えられていた思想や価値観が劇的に変化すること)

書かれた当時の時代背景

夏目漱石周辺の人間関係

という変わった観点から読んだのを覚えています。

この授業で学んだことは私の将来像に影響を与えるくらい大きいものでした。

「こころ」は皆さん学校で扱うと思うので

この読み方が気になる人は私まで!

 

明日のブログは桑原担任助手です。

お楽しみに!