【自分を支えた言葉】堺琢人 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2020年 11月 3日 【自分を支えた言葉】堺琢人

 

こんにちは。

3年の堺です。

最近の気温は、朝は寒いのに昼は暑いので

服装に困りますね、。

みなさん体調管理はしっかりと!

 

今回のテーマは

自分の支えになった言葉です。

 

 

え、難しい(笑)

これが率直な感想ですね。(笑)

 

受験期はたくさんの励みになる言葉を

かけてもらったとは思うのですが

3年も経つとあまり覚えていないもんですね。

 

そんな私でも心に残っている言葉というのが

あったので紹介したいと思います。

(受験と直接結びついているわけではないのですが、。)

 

それは、高校時代のラグビー部の監督に言われた言葉です。

 

その監督は、普段ほとんど言葉を発さない方で、

ベンチに座っているorウエイトトレーニングを

しているのどちらかしか印象にない人でした。

 

そんな監督が前半で17-0で負けていて

チームが敗戦モードになっている中

こんな言葉を言いました。

 

『もう終わりか。

お前らのやってきたもんはこんなもんだったのか。

情けねえな。

お前らにはプライドがねえのか。

最後の最後まで走り続けろ。

下を向くんじゃねえ。

ぶっ倒してこい。』

(思い出補正アリ)

 

いやあ激熱ですよね。この言葉でチームの士気爆上がりですよ。

そして、試合も22-27で競り勝ちましたし最高でした。

 

この言葉が私の中ではずっと心に残っていて

受験期の勉強は肉体的な痛みは伴わないし

あの時の試合と比べたらまだまだがんばれる。

こんな形で心に残っていました。

 

これに似た言葉が私の好きなマンガ

スラムダンクにもあるんです。

 

『諦めたらそこで試合終了ですよ・・・?』

 

ほんとにその通りだと思います。

人生諦めないでもがき続けることって大事ですよね。

 

ですので皆さん受験勉強も、きついのはもちろんわかりますが

最後まであきらめずに頑張りましょう!

 

明日のブログは

北山担任助手です。