【過去問をやろう!】高橋莉子 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2020年 8月 7日 【過去問をやろう!】高橋莉子

こんにちは!担任助手2年の高橋です。

毎日毎日本当に暑いですね。夏!って感じの天気です。

私は冬がとても待ち遠しいです。夏を乗り切りましょう。

 

今回のテーマは、<過去問演習をしよう!>です。

みなさん過去問の進捗状況はいかがでしょうか。

もちろん、演習量を多くこなすことも重要ですが、毎回の過去問演習の復習から得た知識、

過去問を解くことで見えてくる傾向などをしっかり吸収して、

分析をしっかりして、演習をこなす度に成長をして欲しいです!

過去問演習において、

大切なことは点数ではなく問題を解く時間などの感覚や、その大学の傾向を掴むことだとよく言われますが、

本当にその通りです。

私も高3の始めのほうで1度第一志望の過去問を解いてみたところ、

時間が足りないのはもちろん、点数も全く取れませんでした。

しかし、問題を解いたことでこういった問題が解けるようになるといいんだ!

と深く実感し、毎回の授業や受講などで第一志望校の問題の傾向の視点から

勉強をするようにしていました。

今の時期から自分の最終的なゴールを知ることで自分がやるべき勉強が見えてきます。

ありがち、よく聞きがちな内容になってしまいましたが、過去問演習の1番の意義はここに尽きると思います。

点数などに一喜一憂せず、冷静に分析してこそ過去問演習です!

頑張っていきましょう。

 

明日のブログは、簗田担任助手です。