【高3向け センター演習をもっと活用しよう】北山早希 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2019年 8月 1日 【高3向け センター演習をもっと活用しよう】北山早希

 

みなさんこんにちは!

暑さにやられ気味の担任助手1年北山です(^^;

最近急に気温が上がってきていますが、

熱中症にはくれぐれも気を付けてください!

本格的に夏休みが始まって1週間以上が経ちましたが

夏休み習慣には慣れてきましたか?

前の5人の担任助手がブログで言っていたように

毎日の朝登校・閉館下校を当たり前にできる

ようにしていきましょう!!

 

さて、今日からテーマが変わります!!

新テーマは

【高3向け】

センター演習をもっと活用しよう!

ということで、センター過去問の効率的な

使い方についてお話していきます!

 

まず、みなさんセンター過去問にきちんと

取り組めていますでしょうか??

この夏休み、受験生は

センター過去問10年分完成

二次・私大演習約3か年分

がマストになってきます。

夏休み中にセンターを完成させないと、

9月以降の二次・私大演習も遅れ、

応用演習が疎かなまま受験を迎えることに

なってしまいます。

 

そこで、効率的にセンター対策を行うための

私なりの過去問の使い方を伝授します!

 

①時間短縮機能を使う

センター試験は問題の難易度はそこまで高くは

ない分、時間配分が重要になってきます!

「時間が足りなくて解ける問題もできなかった」

というのはもったいないです!!

そこで、日々のセンター演習から時間を

意識して行うことが大切です。

時間短縮機能を使って解き切る力を

身に着けておくと本番に多少焦っても

時間が、、という事態を避けられると思います!

 

②解説授業を活用しよう

過去問は解いたあとが肝心です!

どれだけ自分のものにできるかは

どれだけきちんと復習ができたかにかかっていると

わたしは思っています。

解説授業をあまり見ていない人もいる

ようですが、自分がどうして間違えたのか、

正しい考え方は何なのか、を確認できるだけでなく

解き方のポイントなども詳しく解説されて

いるのでぜひ活用してみてください!!

 

私からはこの2点をおすすめしました!

センター演習を使いこなして、

充実した勉強のできる夏休みにしましょう!!

 

今回のサブテーマは

夏といえば?

ですが、夏は毎年踊り狂っている

思い出しかないような、、

大好きなダンスにたくさん時間をさけるので

今年もサークルと習い事で

踊り三昧の夏になりそうです!!

 

明日のブログは

堺担任助手です!!