どれをとっても1番! | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2018年 6月 30日 どれをとっても1番!

 

 

こんにちは!

船堀校担任助手2年の竹田です。

 

 

そしてついに、

志田先生特別公開授業まで

1ヶ月を切りました~!

昨日のブログを見ていただければわかるように、

担任助手にももちろん生徒時代があって、

公開授業に参加しています。

私もその中の1人です。

 

 

では私は

公開授業で何を学んだのかな~

と思い出してみた時、

私にとっての公開授業は

「新しい発見ができるもの」

でした。

思い返すこと3年前(若い…)、

高校2年生の時、

私は2人の先生の公開授業に参加しています。

英語の安河内先生、古文の吉野敬介先生の2人です。

じゃん!!

 

写真は安河内先生です。

どの授業が1番!

と思うことは特になくて、

本当にどの授業も魅力的でした。

理由は、

毎回違った話を聞くことが

出来たからです。

 

特に心に残っている部分だと、

安河内先生には、

音読からできるようになること

吉野先生には、

今、努力することの大切さ

を教わりました。

 

先生は違えど、

実際に予備校の先生が目の前でしてくれる

授業やお話というのは

文字で読む言葉以上の

説得力や臨場感があって

とってもとっても心に響きます。

 

毎回毎回、公開授業が終わるたびに

新たな発見があって

「やっぱり私頑張らなきゃな」というように

公開授業の度にに

自分を鼓舞してもらっていました。

 

今回公開授業が初めての人も

前に違う先生公開授業に参加したことがある人も、

絶対に新しい発見があると思います。

先生の話を一言一句聞き逃さないつもりで

意欲的に授業に臨んでください。

 

また、授業を受けてみたいけれど

少し勇気が出ない人、

頑張って1歩踏み出してみてください。

 

出るか出ないか迷っている人、

先生が目の前にいるからこそ

伝わってくるものがたくさんあります。

迷っているなら出たほうがいいです。

 

船堀校には7月21日、

数学科講師、

志田晶先生がいらっしゃいます!

数学の先生が来ることも珍しく、

中でも志田先生は

基礎から東大レベルまで

幅広いレベルに対応していて、

かつ数学の

「わかる!」

感じられる授業をしてくださいます!

ちなみに私も

志田先生の授業とっていました!

1回1回の機会を大切に、

自分からチャンスをつかめる人

になってくださいね!

 

では今日のブログは以上です!

ありがとうございました!

 

明日のブログは桑原担任助手です!

彼女はどの先生の公開授業に出たのでしょうか!

 

 

志田先生の特別公開授業授業まで残り20日!!

 

最新記事一覧

過去の記事