同日で結果を残すために | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2018年 12月 13日 同日で結果を残すために

こんにちは!一年の割田です!

とうとう12月に入ってしまいました。

光の速さで一年が過ぎようとしていることに驚きを隠せません。

とりあえずやり残したことを一掃していきたいと思います。

そして今日のテーマは

センター同日までにやっておきたいこと

です。

せっかく受験生と同じ問題を同じタイミングで解くのであれば万全の態勢で臨みたいですよね。

「それはそうだけど、いっぱいありすぎてなにすればいいの・・・」

大丈夫です。安心してください。

まずは英単語をやっておきましょう!

具体的にはセンターレベルの1800語を少しでも多く覚えておくことです。

単語を知らなければ英文を読むことはできません。

英語は暗記科目ではないとよく言われますが、ある程度の暗記は避けられないです。

単語と並行して英文法事項の定着もはかりましょう!

単語は最低条件で英文を読みこなすには文法事項を理解し

それを使いこなせなければいけません。

そして、文法の理解はセンター英語の大問2の得点にまさに直結するものです。

両者ともに高速基礎マスターで身に着けることができるので

ぜひ活用してみましょう!

国語は現代文はいきなり得点を上げることは難しいので

古文単語と文法は最低限やっておきましょう!

古文単語に関しては英単語よりはるかに覚える語数が少ないので比較的取り組みやすいと思います。

入試で必要と言われる古文単語は約300語ですので

1日30語やれば10日で一周できます!

同日まであと1ヶ月以上あるので単純計算で3周以上はできることになります!

これはもうやるしかないでしょう!

文法は学校の授業や受講等でもやっていると思うので

その内容の復習と助動詞と敬語を詰めていけばいいでしょう。

以上を完璧に覚えておけば少なくとも国語大問3の最初の4問は確実に取れます!

地歴公民や理科科目はやっておくにこしたことはないですが、まだ大丈夫です。

とにかく

主要3科目をやっておきましょう!

(数学に関してはやってなかったので理系の人のブログを参照してください!)

同日の結果が1年後の受験結果を左右すると言われています。

まだ1年後だからと思わず、受験本番のつもりで全力で臨みましょう!

 

サブテーマは「失敗した出来事」です。

同日の話と関連する失敗ですが

僕は今年のセンター試験本番で大失敗しました!

全部失敗したわけではありません。国語で失敗しました。

 

 

国語の点数にご注目ください。

前日までは8~9割で安定していたのに本番6割です。

予定ではMarchはセンター利用で抑えるつもりでしたが

それが絶望的になり

この時は本当に放心状態でした。

浪人の二文字すらちらつきましたが、なんとかなりました!

ただその分余計に受験代がかかってしまったので

親に申し訳なかったです。

みなさん!慢心は禁物ですよ!常に謙虚にいきましょう

明日のブログは松原担任助手です!