己を外から見る | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2018年 9月 20日 己を外から見る

こんにちは。

2年担任助手の河野です。

 

先週沖縄の宮古島という離島にバカンスに行ってまいりました。

そこで人生初のシュノーケリングを体験してきましたが、

 

綺麗な海できれいな魚と泳ぐのは、

とても気持ちがいいものだとわかった20歳の夏でした。

(ただ日焼けはめちゃんこ痛いです)

 

 

 

さて、今回のテーマは受験の失敗談ということで、

僕が受験の時に失敗したなというものを考えてみました。

 

 

(考え中。。。)

 

 

(は!)

失敗が何かわかりました!

 

 

それは、慢心と思い込みです。

 

 

つまり、”勉強しているつもり”になっていました。

 

今思うと僕がやっていたのは勉強ごっこだったのかなと思います。

 

 

たとえば、僕は修了判定テストをよくためていました。

当時の担任助手の方に指摘され高3の冬ごろに受けなおしましたが、

それはもう手遅れでした

 

ほかにも、

今思うと復習があまかったなあとか、

今思うと基礎固めができてなかったなあとか、

今思うと演習量が足りてなかったなあとか、

とか、とか、とか、…etc.

 

 

結局今思うとなかなかやり切ることは難しいことだなと。

これは、受験勉強もそうですが、部活にしても、学校行事にしても、

何に対しても言えることです。

 

 

自分が悔いなく何かを成し遂げるのは簡単なことではないです。

 

 

では、どうすればいいか。

 

 

それは、時々立ち止まって、客観的な立場から自分を見ることが必要です。

 

 

そして自分はできているのかと、しっかり勉強できているのかと、

自問自答する必要があるんですよね。

 

そう、まるでケイスケホンダのように。

 

明日のブログは堺担任助手です!

明日からテーマが変わります!

お楽しみに!

 

 

 

過去の記事