担任助手で得られたもの | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2018年 9月 24日 担任助手で得られたもの

こんにちは。一見ドライそうに見えてアツい二年担任助手の河野です。

 

先日久しぶりに買い物へ行って気分がいいです。

お金を使うということはストレス解消にもつながるらしいですね!

 

 

さて、今日のブログですが、

今はやりの担任助手についてです。

 

僕は担任助手をやり始めて1年半ですと言いたいところですが、

諸事情によりまだ1年しかたっていません。

 

 

ですが、そんな短い期間でもいろいろなことを知ることができ、

僕を成長させてくれました。

 

 

特に成長できたなという部分は人としての在り方や、

考え方だと思います。

 

 

僕はこの船堀校にきてまだまだ人として未完成だな、

子供だったなと感じました。

 

そんな風に自分を客観視することってあまりないですよね。

ですが、この仕事を始めてからは自分を外から見てみるという

考え方が身につきました。

 

確かに、生徒とコミュニケーションをとったり、

業務でパソコンを扱ったりする事が多いので、

話す能力やパソコンスキルが身についたことは間違いないです。

 

 

しかし、担任助手というものは誰しもが受験を乗り越え成功してきた人たちばかりです。

そのような人が身近にいる環境だからこそ様々なことを吸収できるようになります。

 

皆が一様にリスペクトすることのできる人たちです。

 

 

正直大学生になってから叱ってくれる人は担任助手の先輩方くらいです(笑)

 

 

そんな人たちに囲まれているからこそ、

この一年間の中で大きな成長が出来たと思います。

 

 

僕は元いた校舎では担任助手をやりませんでしたが、

ひょんなことから船堀校の一員になれてよかったと思っています。

 

もしこれを読んでくれている君が担任助手に興味を持っているならば、

一年間だけでもいいから挑戦してみてください。

 

 

その選択を間違いにすることはないとここで断言できます。

 

 

なんか短くて内容の薄いブログになってしまいましたが、

言いたいことは伝わったかな??(笑)

 

 

伝わってないよーって人は直接ぼくに聞きにきてください!

 

明日のブログは割田担任助手です。

彼が担任助手をやっている理由とは…!?

気になりますね。

 

 

 

 

過去の記事