超人気私立大学生の華麗なる一日 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2018年 10月 25日 超人気私立大学生の華麗なる一日


こんにちは。船堀校の中で一番大学生of大学生な生活を送っていると自負する池山です。

 

現在、明治大学では、大学祭に向けて盛り上がっているところです。

加えて大学祭の期間は1週間近く大学がお休みになります。

それを利用して僕は地元九州に帰ろうと思っています。

そうなんです。僕の地元は福岡ばい!!

家ではバリバリ博多弁ったい!

 

さて本日のテーマは

「キャンパスライフ」です。

日本で屈指の人気&有名私立大学の明治大学に通っている私の華やかな一日を紹介しましょう。

今回は1週間のうちで最も多忙な水曜日の日課を紹介し、皆さんに大学生活を味わってもらいましょう。

 

 

7時に起きます。私立文系大学生の朝は早いのです。

日本経済をまわすサラリーマンたちとともに、朝の通勤電車に乗り、東京、新宿と日本のハブ駅を経由して1限に向かいます。

 

 

 

1限:9時~

「フランス語」

フランス語です。必修です。

Ju suis bou en France.

 

 

 

2限:10時50分~

「教養演習」

ゼミ形式の選択式の授業です。

本格的なゼミは3・4年時に始まるのですが、これは1・2年時に履修することができるゼミ形式の小人数制の授業です。

僕が履修しているのは

「サッカーを語りつくす」

という欧州サッカー好きの僕にはたまらない授業です。

前期は「W杯について」

後期は「自由テーマ(サッカーに関するものなんでも可)」

という2つのテーマに分かれており

それぞれ学生が発表するという形式をとっています。

 

後期の発表で使ったパワポを紹介します




興味あることを調べて発表するのは楽しいです。

サッカー好きの友人も増えました。

 

 

~お昼休み~

 

明治大学和泉キャンパスは立地が素晴らしいです。

近くに下北沢渋谷新宿吉祥寺とオシャンティータウンが点在しております。

 

なので明大生はお昼は下北や吉祥寺でパンケーキを・・・・・

 

 

 

何をいっているんだ!!明治大学とは元来熱き漢たちの大学!!最近のおしゃれイメージにとらわれてはならない!!

 

学校のそばのラーメン屋!!!ここでライスお代わり自由!!ラーメン大盛りを頼み、にんにくを追加し食らう!!!

これが明大生のお昼だ!!

他にも周囲には牛丼屋、丼もの屋、ラーメン屋、某ハンバーガーチェーンなど様々な漢の飯があるぞ!!

なお、食堂は混むぞ!!

 

と、変な紹介になってしまいましたが

女性の方も安心してください。

友達の女の子はしっかりと下北ランチを楽しんだり、普通に食堂で食べたりしています。

とりあえず、食の選択肢は多い、ということです。

 

 

さて、おなかもいっぱいになったところで3限が始まる時間になりました。

 

 

3限:13時30分~

「ジャーナリズム論」

新聞の歴史についてです。

 

( ˘ω˘ ) スヤァ… 

 

 

そんなことは・・・ないですね。

 

(`・ω・´)シャキーン

 

しっかりと授業を聞きます。自分で選択した授業ですもんね。

 

4限:15時20分~

「経済学特殊講義」

コミュニケーションに関する授業です。

新しくできた教室で授業が行われます。


ちなみに経済学には特に関係が無いようです。

(先生が言っていたので。)

この授業ではグループワークが中心です

たくさんの人と話せて価値感が広がります。

 

 

 

帰宅

忙しい一日が終わりました。

この後は地元のジムへ行き、健全な肉体を作り上げます。

これが自分の水曜日の主な日課です。

 

大学は高校と違い、自由度が格段に違います。

キャンパスライフを想像するだけでもわくわくしてくるのではないでしょうか?

 

ぜひ第一志望合格を果たして、憧れの大学生活を送れるようがんばってください!!

 

 

サブテーマ

好きな東進の授業

スタンダード日本史パワーアップ古文

です

スタンダード日本史は金谷先生の独特の口調と丁寧&わかりやすい説明で重要事項、流れが完璧に理解できます。

とくに複雑な近現代史に関してはすらすらと絡まった糸がほどけるように筋が通り、すぐに理解できました。

 

パワーアップ古文は高3の夏終わりまで古文をほっておいた自分の救世主となった講座で

この講座の吉野先生がこれだけでよいといった部分を暗記すれば本当に試験で点が取れるようになりました。

ほんとによくまとまっています。

 

次回はブログは増田担任助手

明治と人気を2分する大学、法政に通う彼の

意欲に満ち溢れた大学生活をのぞいてみましょう。

過去の記事