最高の一年でした。 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2018年 12月 21日 最高の一年でした。


 

こんにちは。

 

部活がオフになり、

ゆったりモードに入りました、

藤間です。

 

 

インドアな僕は、

寒い冬は家から出ず、

温泉につかって、

おいしいものを食べ、

ゲームやテレビを観ながら、

ゆっくり休みたいと思います。(笑) 

 

 

今年の一年は、

変化が激しく、

責任を学んだ一年でした。

 

まず、変化の方から。。

 

全国から集まったエリートたちと過ごせる

大学の環境は

今でこそ最高に感じますが、

 

当初は新しいことばかりで、

かなり苦労したのを覚えています。 

 

中高6年間同質な環境にいた自分は、

まず新たな人間関係を築くのに苦労し、

担任助手のバイトを始め、

日々業務を覚えることに苦労しました。

 

そして、なにより一番大きな変化は、

フィールドホッケー部

に入部したことだと思います。 

 

4年間の大学生活の大半の時間を

部活に捧げることを決意しましたが、

新たな競技を始めることにたいして、

とても不安がありました。

 

インターンとか留学をすべきなのではないか。

 

もっとしっかり勉強をすべきなのではないか。

 

大学生活の4年間を後悔しない選択なのか。

 

悩む時期もありました。

 

 

それでも、

月日が流れるにつれ、

部員との交流も深まり、

少しずつではあるけれど、

競技の実力も向上し、

部活をやって良かったなと

思えるようになりました。

 

 

当初は、

あらゆる変化に苦労しましたが、

徐々にその変化になれ、

今では大学生活が楽しいと言えます。

 

 

みんなも大学生活当初は

色々な変化に苦しむかもしれませんが、

日々その変化を楽しみ、

成長の糧にしましょう。

 

次に責任について。。

 

大学生活の大きな特徴として挙げられるのは

あらゆることが自由だということです。

 

バイトは何をやってもよし、

好きな授業をとれ、

色々な遊びをすることができます。

 

ですが、その反面、

責任もつきまといます。

 

 

自由の代償は責任です。

 

ですから、

何かする前に、

ひとまず考える、

その後のことを想定する

ことが重要になります。

 

 

 

大学生活は本当に自由で、

自分の思うようにすることができます。

 

ですが、

目的意識を持たないとただただ年月が過ぎてしまいます。

 

ですので、

何かしらの目標を設定できるといいと思います。   

 

 

明日のブログは、

張本さんです。

来年から社会人になる彼のブログに注目!