【併願校の決め方】瀬崎丈斗 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2020年 12月 6日 【併願校の決め方】瀬崎丈斗

 

 

こんにちは。

2年の瀬崎です。

この時期は

気付いたら手から血が出る

時期なので、

ハンドクリームが必須ですね。

 

本日のテーマは

併願校の決め方についてです。

オススメというよりは

単に自分の決め方を

話していこうと思います。

まず、受けるレベルとしては

3段階くらいに分けると

良いと思います。

私は早稲田志望なので

早稲田、GMARCH、日東駒専

を受けました。

次に各レベルの受ける数についてです。

大体第一志望相応が2~3個

1つ下げたところを4つ程度

最低限取りたいところを

1~2個受けるのが理想でしょう。

そして学部についてですが、

これが学びたい!という

強い想いがある人は

その大学学部を選んで

受験すればいいですが、

それほど強いこだわりがないのであれば、

日程や合格発表日が

自分に都合のいい大学を

選ぶ方が良いと思います。

都合が良い日程、合格発表日というのは

連続受験でない、

入金日が出来る限り遅いなどです。

私の場合だと、

明治の情報コミュニケーション学部が

それにあたりました。

ここは試験日が早いので、

他と被ることがなく、

且つこの後受ける

明治大学他学部の

慣れにもなり

結果発表が早いので、

その他の受験が

気楽にできるようになり、

入金も遅いので、

待ち金などの

余計な手続きも

しないで済みました。

併願の考え方は

人それぞれだと思いますので、

このような観点から

受験校を選ぶのも

ありだと思います。

今のうちに

最善の策を

考えておきましょう。

明日のブログは

堺担任助手です。