【受講する時に意識するべきこと】飯島弘太 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2020年 9月 24日 【受講する時に意識するべきこと】飯島弘太

こんにちは!

担任助手2年の飯島です。

 

昨日のブログより、

どうやら僕はあだ名をつけられていたみたいです(笑)

校舎で見かけたら気軽に声をかけてください。

受験に対する質問や悩みの相談待ってます!

あだ名に見合わないかもしれませんが、

いつも通り熱意をもって指導していきます!!!

 

さて、今日のテーマは

受講する時に意識するべきことです。

東進では映像で、

クオリティーは今でも覚えていて素晴らしいものですが、

学校で受けるような対面の授業とは少し違います。

そんな映像授業を受ける際に外せなポイントを見ていきましょう!

 

僕からは1つのポイントに絞って伝えていきます。

他の担任助手が話すかもしれませんが、

意義や目的に着目して読んでもらえるといいかもしれません。

それは

“板書以外もメモを取る”です。

当たり前すぎるだろ

と言われるかもしれませんが、

映像授業においてもとても重要なので話しておきます!

対面の授業ではわからないことがあったら

その場でないしは後で先生に質問したりできますよね。

映像ではそういうことがほとんどできなくなります。

では、授業内でわからないことがあったら放置しろと…?

単刀直入に言います。

東進の映像授業においてわからないというところは

ありません!

もしあったら、全国の東進の生徒からクレームが殺到して

使われていないはずですですよね。

それだけ脱がなく高いクオリティーで映像授業が作られているということです。

そんな90分授業の中の先生の一語一句がとても大切なことを言っています。

それをしっかりと記憶するためには

メモを取る以外ありませんよね!

よく注意を受けると思いますが、

皆さんできていますでしょうか?

当たり前のことを当たり前に実行するのも

ひとつのポイントですね

ぜひ自分のメモを見直してみてください!

 

明日のブログは

岩倉担任助手です!

お楽しみに!