【通っている大学の魅力】堺琢人 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2021年 3月 3日 【通っている大学の魅力】堺琢人

みなさんこんにちは。

3年の堺です。

今月から研究室に配属され

論文をたくさん読む

日々を過ごしています。

 

今回は、通っている大学の魅力

に関して紹介していきます。

 

まず、私が通っている大学のキャンパスは

東京都立大学の南大沢キャンパスになります。

 

船堀駅からだと電車一本で行けますが

1時間以上かかるので

非常に遠いです(笑)

また、キャンパスの大きさが

東京ドーム9個分もあるので

非常に大きいです。

 

(理系棟は文系棟と比べ駅から遠いのが悩みですが、。)

(そして、緑地率が57.6%なのでめっちゃ森です(笑))

 

さて、本題の魅力に関してですが

ここでは3点ほど紹介します。

 

1つ目は、自然豊かというところです。

これは、他の人からすると魅力なのか?

というところではあるのですが、

私の研究材料である蟻を集めるという点では

非常に重要な点です。

 

2つ目が、学生数に対して教員が多い点です。

これは国公立大学だと顕著だと思います。

そのため非常に教員との距離が近く質問なども

しやすい環境だと言えます。

 

例えば、進化生物学や生態学の授業(英語課程)では

履修していた学生が5人程度でした。

 

3つ目は、この大学に入学したことで虫嫌いが

少し克服できた点です。

これは魅力なのか??という感じですが(笑)

ただ、これにより私は蟻の研究者の道に進むように

なったので本当に人生の転換点だったと思います(笑)

 

蟻は非常に面白い生物なのでいつかの機会で皆さんに

お伝えしたいと思います。