【春休みの過ごし方】飯島弘太 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2021年 3月 31日 【春休みの過ごし方】飯島弘太

こんにちは

担任助手2年の飯島です!

最近ではすっかり桜が満開になってきましたね。

散っていくのは切なく感じますが

それと同時に時間が流れていることを実感します。

そうです。

皆さんの受験本番は刻一刻と近づいてきています!!!

そろそろ本気を出してみてはいかがですか?

ということを江戸川区全域の高校生に伝えたいです笑

 

ということで

今回のテーマは

春休みの過ごし方です。

 

春休みは受験の天王山です

 

 

違いましたね。夏休みのことでした。

その通りです。

では、その夏休みでは一体どのくらい勉強をしたらいいのでしょうか???

 

それは、

やれるだけ全部です。

それも隙間時間をフル活用してです。

具体的には

15時間の勉強です。

この数字は何も予定のない一日を朝から晩までフルに使って行える勉強時間です。

僕も受験生の夏休みも15時間の勉強を時間を計ってやっていましたが

数十分の仮眠時間や寝坊を取ってしまったら

到達しないギリギリの時間です!

劣勢である現状の生徒であればこのくらい限界まで努力しなくては

はっきり言って受かりません。

これを見ているあなたはどうでしょうか?

おそらく現役生であれば今は劣勢であることが多いですよね。

ならば、

夏休みには15時間の勉強が必要です!

では、

夏休みになっていきなりそのくらいの勉強時間を

集中し続けることができるでしょうか???

おそらく

かなり難しいと思います。

 

そこで、春休みに15時間勉強できる体を作ってみてはいかがですか?

この時点で準備ができたら

今は第一志望に遠くても

夏休みで確実に巻き返せます。

逆に今頑張れない生徒はいつなら頑張れるのでしょうか?

夏休みから?、明けたら?、来年の冬休み?、もう一年?…

となれば危険信号です。

つまり

春休みは受験の天王山

ということはある意味正しいのでは

というのが僕の考えです!

始めると決意した今から本気で頑張ってみませんか

 

明日のブログは

坂本担任助手です!

お楽しみに!