【最後の挨拶】橋本芙紗 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2020年 4月 4日 【最後の挨拶】橋本芙紗

こんにちは。
1年担任助手の橋本です。
 
ご存知の方もいると思いますが
私はこの春、東進ハイスクールの担任助手を卒業します。
そのため、最後にみなさんに伝えたいことを
この場を借りて書こうかな、と思います。
 
第一志望に受かるために必要なこと。
それは「自分自身で考えること」です。
担任助手にやれと言われて受講を進めてませんか?
過去問演習を何年以上やれと言われてとりあえずでやっていませんか?
もちろん、東進の担任助手は、
みなさんが合格するためにちゃんと今後を見通した計画を立てた上で言ってくれているので、
その通りにやることは大事です。
ただ、それを「言われたからやる」にしてはいけないんです。
それはただの「担任助手のための勉強」です。
東進には向上得点という、
皆さんの学習量を示す数値があります。
それを見れば、私達担任助手は
皆さんの学習量を確認することができます。
受講をして、確認テストにその場で受かれば、
向上得点が加算され、
私達から見ても受講が完了したことがわかります。
でもそれが、「皆さん自身の勉強」なのか
「担任助手のための勉強」なのかを判断することはできません。
だから皆さん、一つ一つの受講や演習に対して、
自分が今何を学ぶべきなのか
今やるべきことはこれか
「自分で考えて」から取り組んでください。
自分のためになる、受験で必要な知識を得られるのは間違いなく「皆さん自身の勉強」です。
長くなってしまいましたが、
1年間生徒として在籍し、1年間担任助手を務めさせていただきました。
ありがとうございました!
皆さん、大変な状況ではありますが、
残りの期間全力を尽くして頑張ってください!