【自分の〇〇の解き方】篠原遥香 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2020年 9月 15日 【自分の〇〇の解き方】篠原遥香

みなさんこんにちは!

担任助手1年の篠原です。

今年の夏はあまり蚊がいなかったので

快適に過ごせました~

今日のテーマは

【自分の〇〇の解き方】

ということで、現代文の評論の解き方について

紹介します。

①文章は最後まで読んでから解くこと

読んでいる途中で解き始め、

読むことと解くことを繰り返すと

脳が疲弊してしまいます。

筆者が伝えたいことをつかむために

まずは読むことに集中します。

抵抗がある人もたくさんいると思いますが

一度やってみるとその効果を実感できるかもしれません!!

②段落ごとにキーセンテンスを引いて読むこと

キーセンテンスは解答そのものになったり、

解答の根拠になることが多いです。

文章も振り返りやすくなると思います。

私は初めの頃全文に線を引いていたのですが

キーセンテンスに引くことによって

集中力と理解力が上がりました。

この2つのポイントを意識すれば

自然と集中できると思うので

ぜひやってみてください!!

明日のブログは

河野担任助手です!