【自分を支えた言葉】北山早希 | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2020年 11月 4日 【自分を支えた言葉】北山早希

みなさんこんにちは!

担任助手2年北山です!

どんどん気温が下がってきて乾燥する

季節になってきましたね・・・

皆さん体調管理は大丈夫でしょうか?

私は最近全く運動をしていないので

体力がなさ過ぎてとうとう運動を

始めようかと考えています(笑)

 

さて今回の本題ですが、

【自分を支えた言葉】

これについてお話します!

私はすごく落ち込みやすい性格なので、

受験期は「模試の成績が伸びない」

「過去問が解けない」「漠然とした不安」

などで頻繁に落ち込んでいました。

もちろん『明るく前向きに』というのは

大切ですが、性格上どうしても難しいと

いう人もいるかと思います。

 

そのときに、東進の担任の方から

「落ち込んでもいいから30分で

切り替えなさい。」

と、よく言われました。

私はその言葉を聞いて、しんどく

なったときは担任の先生に弱音を

全部吐き出して、そのあとすぐに

勉強に戻るようにしていました。

(特にネガティブになりやすい人は

弱音を吐ける人を近くに1人でも作って

おくことをおすすめします!)

 

人一倍心が折れやすかった私がきちんと

第一志望校に受かることができたのは、

この意識があったからではないかと

思います。落ち込んでしばらく勉強から

離れてしまう生徒を見かけますが、

自分なりに気持ちを切り替える手段を

決めておけるといいと思いますよ!

 

明日のブログは

篠原担任助手です!