【過去問演習・大問別演習の活用法】北山早希 | 東進ハイスクール 船堀校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2021年 6月 17日 【過去問演習・大問別演習の活用法】北山早希

みなさんこんにちは!

先週までの暑さと今週からの雨に

完全にやられている北山です(笑)

この時期本当に苦手なんですよね…

・色白で紫外線怖いよ〜って人

・偏頭痛持ちだよ〜って人

・汗っかきだよ〜って人

同志です。共に強く生きましょう。

 

本題に戻って、今回のテーマは

【過去問演習・大問別演習の活用法】

ということですが、まずは先日の

全国統一高校生テストの復習

終わっていますでしょうか?

大前提として終わっていない人は

早急に終わらせてくださいね!

①模試当日に自己採点

②模試翌日に復習

これぐらいが理想です。

 

さて少し脱線しましたが、

全統の振り返りとして

「前半でつまづいて焦ってしまった」

「時間配分が上手くいかなかった」

「まだ問題に慣れてなくて…」

みたいな反省がある人いませんか?

結構多いと思います。

入試本番も時間が足りなくなる

ことがあるかもしれませんし、

どうしてもわからない問題が

運悪く出てしまうこともあるかも

しれません。メンタル的に辛い

状態で受けなければならない

こともあるかもしれません。

でも当日は何も言い訳が

きかないんですよね。そこで、

過去問を解く時に自分なりの

トラブルシューティング

見つけておくことがすごく

大事だと思います!

・前の問題でつまづいたら

とりあえず後回しにして

先の問題に進もう。

・◯◯分以上かかるようなら

その大問は後で戻ってくる

ことにしよう。

・毎回こうやって心を落ち

着けてから問題を解こう。

など、自分の中で解くルールを

決めておけると模試や本番で

焦らずに対処できるはずです。

過去問を解くのを遠ざけていると

問題や解き方への慣れが出来ず、

結局模試で同じ反省をすることに

なるので、まずはとにかく沢山

演習数をこなしましょう!

 

明日のブログは

篠原担任助手です!