【過去問演習・大門別演習の活用法】粕谷美友 | 東進ハイスクール 船堀校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2021年 6月 9日 【過去問演習・大門別演習の活用法】粕谷美友



こんにちは!

担任助手3年の粕谷です。

昨日は東京で今年初の真夏日が観測されました。

もう夏ですね・・・

 

夏ということは受験生はそろそろ佳境に入っていきます。

そこで必要になってくるのが

ブログのテーマでもある

【過去問演習・大門別演習の活用】

です!!

では早速、それらの活用法について紹介していきます!

とは言っても、他の担任助手が

たくさん上手な活用法を書いてくれていますね!

 

なので、私は過去問演習・大門別演習

に対する心持ちを

紹介させてください。

 

私が受験生だった頃も

夏までにはセンター試験の過去問10年分、

第一志望校の過去問も10年分

がノルマとして課されていました。

それは今も同じですね。

私はどちらもしっかりとノルマ達成できました。

 

なぜなら、

 

 

 

 

 

 

ノルマだから。

 

 

 

 

 

 

それに尽きます。

 

ノルマというのは何のために設定されるのかはわかりますよね?

クリアしなければならないからです。

 

それなのに自分のペースでやればいいやと思っている人、

その考えはおかしいですよ。

だったら、ノルマを設定する意味はないです。

 

それはGMで立てる学習計画も同じです。

計画というのは達成するために立てるのです。

元から達成する気がないのなら立てていないことと同じです。

 

これは低学年の皆さんにも言えることです。

もし心当たりあるなと感じた人は一刻も早く改善しましょう!!

 

 

 

他の心持ちとしては

単純な動機で

しっかりと過去問を計画的にやれば

GMの担当だった担任助手の方が褒めてくれたからです。

 

 

私は、褒められると伸びる、やる気が出るタイプだったので

誉めてくれるなら頑張ろう!と笑

 

とても頑張れました。笑

 

でも、褒められて嫌な気持ちになる人はいないはずです。

褒めてもらうのってすごく大事だと思います。

 

我こそは褒めてほしい!って人、

私のところまで!!!

全力で誉めさせてください!!

明日のブログは

澤内担任助手です。