一日一日を無駄にしないように | 東進ハイスクール船堀校|東京都

ブログ

2018年 9月 3日 一日一日を無駄にしないように

こんにちは! 

担任助手の藤間です! 

大学生の夏休みは、九月中旬までなのですが、

自分の夏休みを振り返ってみると、

部活の思い出が強いです。

高校生の時に描いていた夏休みとはだいぶ違いますが、

今は今でまあまあ充実してます。(笑)

 

さて、本日のテーマは、九月の勉強の仕方です。

 

この時期、意識すべきことは大きく二つ! 

 

➀二次対策を始める 

 

②基礎の抜け落ちを再インプットする

 

 

➀二次対策を始める 

夏休みを終え、

一通り基礎固めが終わっていると思われるこの時期、

過去問演習を始めていきましょう! 

 

いや、まだまだ解けないですよ!って思うそこのあなた! 

解ける実力がついてから過去問演習を始めては、遅いのです!

 

第一志望の過去問は十年分を少なくとも二周、

併願校も含めたら、、

って考えると膨大な量になりますよね!

 

だから、早め早めの対策が必要なんです!

 

確かにこの時期、過去問を始めても解けない問題は多いかもしれません。

でも、それでいいんです! 

 

傾向をしり、

問われている能力頻出分野

把握し対策を始めていけば、

それでいいんです! 

 

しっかりと過去問を分析し、

次につなげれば

それでいいんです!

 

どんどん過去問を解いて自分に足りないところを把握し、

穴を埋めていきましょう!

 

 

②基礎の抜け落ちの再インプットを行う

 

過去問を解き始めると、

手薄になりがちなのは、

基礎の復習です。

 

応用問題を解くには基礎が必要です。

基礎を定期的にメンテナンスして、

過去問を解くための道具を

しっかり身につけておきましょう!

 

 

この時期は全然過去問が解けなくて、

落ち込むかもしれませんが、

やるべきことをしっかり行い、

基礎の穴埋めを行えば

入試に合格する力は確実につきます! 

 

あとはやるかやらないかですよ。

現役生が第一志望校に落ちる一番の要因は、

本気で始める時期が遅かったということです。 

 

一日一日を無駄にせず、第一志望校に合格しましょう! 

 

僕たちは全力でサポートしていきます!